BLOOM journal

Yahoo!プロモーション広告とGoogleアドワーズのコンバージョンの意味

投稿日:2014年08月04日
インターネット広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!プロモーション広告、Googleアドワーズ広告を運用していると、管理画面でコンバージョンを設定する時、見かたを間違えると「あれ?クリック数よりコンバージョン数が多い?」など、良くわからなくなるケースが多いようです。

コンバージョンの意味を理解する事で「あれ?」はなくなります。

今回は、検索連動型広告のコンバージョンについて紹介します。

 

コンバージョンに至ったクリック

Googleアドワーズでは、「コンバージョンに至ったクリック」

Yahoo!プロモーション広告スポンサードサーチでは、「ユニークコンバージョン数」

※広告クリック1回で、複数回の購入があっても、コンバージョンに至ったクリックは「1」になります。

 

総コンバージョン

Googleアドワーズでは、最近「コンバージョン」という表記になりました。

前までの、「総クリックスルーコンバージョン」です。

Yahoo! では、「総コンバージョン」と表記されています。

※広告クリック1回で、3回の購入があったら、コンバージョンは「3」になります。

 

Googleアドワーズには他にもコンバージョンがありますが、yahoo!とGoogleに共通するコンバージョンは、この2つです。

この2点の意味を理解できていないと、よくわからない結果になります。

 

検索連動型の広告運用は、検索という需要に対して供給できる短期的な戦略として最も有効な施策のひとつです.

コンバージョンの意味をしっかり理解して費用対効果を把握しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加