SEO基礎設計SEO Foundation design

Webサイトの基礎を正しく設定する

マイナス評価をゼロにするSEO基礎設計で
パフォーマンスを最大限に発揮するWEBサイトに

Google検索品質評価ガイドラインに従っていないWEBサイトはマイナス評価です。
ガイドラインに従って、WEBサイトの基礎をきちんと設計することで、
各ページからの訪問数が増加し、全体的な集客の底上げが期待できます。

SEOは裏方の地味な仕事ですが大変重要であり、例えるなら住宅建築の基礎工事といえます。
いくら素敵な家具を置いていても、基礎がだめだと家が傾いてしまうようにWEBサイトも基盤が不出来だと、
良いコンテンツがあってもパフォーマンスは発揮されません。

Google検索品質評価ガイドラインの一部をご紹介します。
ページタイトルの最適化/ナビゲーションの最適化/URL構造の最適化/コンテンツのわかりやすさと信頼性
画像の理解の手助けと読み込みスピード/スマホサイトの最適化など

Google検索品質評価ガイドラインの重要性

ガイドラインの重要性

SEOでは「Googleの検索品質ガイドライン」がとても重要です。
ほとんどのWEBサイトはGoogleの検索品質ガイドラインに従っていません。
“検索結果のパフォーマンスを発揮するため”の設計の基となるこのガイドラインは、
同時に“検索者の満足度を上げるため”のガイドラインとも言えます。
検索で訪問してきた見込み客を顧客にするためにも、このガイドラインにならうことが
とても重要になります。

ニッチなロングテールキーワードで意識の高いユーザを招く

「SEO業者 札幌 おすすめ」の用に、複数のワードを組み合わせた検索ワードを「 ロングテールキーワード」と言います。
訪問数が少なくても目的の意図が明確なキーワードなので、競合性が低くなるのに対してコンバージョン(成果)に繋がりやすく、
“お問い合わせ”や“商品の注文”などの成約率は髙くなります。

検索ニーズにマッチしたサイト構造

検索エンジン

「Googleの検索品質ガイドライン」に基づいた構造にし、検索エンジンからWEBサイト全体が評価されると、 下層ページ(詳細ページなど)ではロングテールキーワードでの検索で上位表示されやすくなります。 検索ニーズにマッチしたサイト構造にしたうえで、全てのページにSEOを行うことが重要です。