サイトリニューアルSEOSite renewal SEO

失敗しない、堅実なWEBサイトのリニューアル

「WEBサイトをリニューアルしてから訪問数が激減してしまった」というご相談が多くあります。
旧サイトの運用で検索エンジンから信頼を得ていたのに、SEOを無視したリニューアルを行ったことで、
いままでの運用実績をリセットしてしまった例です。
WEBサイトのリニューアルでは、きちんと過去の信頼を引き継がなければなりません。

ブルームプロモーションが関わるホームページリニューアルの
3つの特徴

現状を把握する

現状を把握

検索ロボットは少しのテキストの変更やサイト内のリンクの変化でも順位変動を起こすことがあります。
リニューアルで結果が良くなった、悪くなったの変化を知るために、「各ページごとにどのようなキーワードで訪問されているか」「このページはこのキーワードで何位にいて、関連するキーワードを合計するとどれくらい訪問数があるのか」など、リニューアル前の訪問数や流入キーワード、直帰率などのアクセス状況や、ターゲットキーワードの検索順位などの現状を把握します。

検索順位のキープ、上昇

検索順位のキープ、上昇

現状を把握したうえで、取りこぼしているキーワードはないかを確かめます。
機会損失がないのかを分析し、検索順位・訪問数をキープまたはアップさせるためには何を強化するべきかを“根拠” をもって設計します。

目的に応じたコンテンツづくり

目的に応じた店づくり

WEBサイトといっても会社やお店のPR、商品を売る、予約や資料請求をしてもらうなど、 目的は様々です。 例えば店舗の改装では、お客様の使いやすさや雰囲気づくり、 ターゲットの客層にうけるお店づくりなどを考えますが WEBサイトリニューアルも同じです。 見込み客がサイトに期待することを考え、それに応えるための設計を行います。

SEO施策でおもてなしHospitality SEO

売れるホームページの3原則
【見・診・魅】

検索結果で上位表示していても、訪れる人にとって有益なWEBサイトでなければ意味がなく、
当然売上も上がりません。

  • 見てもらう

    WEBサイトを沢山の人に見てもらいましょう。SEOやインターネット広告など、手段はいろいろ。
    全てのWEBサイトは、ユーザーに見てもらって初めて意味を為します。

  • 診る

    既存のWEBサイトは、見込客のデータを取るための良い仮説材料となります。
    どのような人が訪れているのか、ユーザーは何を求めいているのか、きちんとデータを取ってWEBサイトを診断すれば、どこを伸ばすべきか、改善すれば良いかの現状を把握でき、より良いWEBサイトを作成することが出来ます。

  • 魅せる

    訪問してくれたユーザーへ“おもてなし”ができていない場合、 ユーザーはすぐ帰ってしまったり、途中で見るのをやめてしまいます。 継続して集めたデータを元に、WEBサイトでの目標に達するまでのサイト内の改善提案をさせていただきます。せっかく訪れてきた見込み客へ“おもてなし”の想いを持って目標ページまでたどり着かせる導線を作りましょう。