BLOOM journal

【速報】「スマホ対応」の有無で検索順位が大きく変動します

投稿日:2015年02月27日
Webニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日 2月26日木曜日、

Googleは、スマホ対応しているかどうかをモバイル検索のランキング要因として使用することを発表しました。

Google、「スマホ対応」をランキング要因に利用することを決定「海外SEO情報ブログ」より

これはSEO上、大きなニュースなのでシェアします。

今回はGoogleが発表したおおまかな内容と、スマホ対応レベルをチェックするツールもご紹介します。

導入は4月21日

昨年12月から、すでにGoogleはモバイル検索の結果画面に「スマホ対応」というラベルを表示する変更を加えていました。Googleが提唱する「モバイルフレンドリー」の基準をクリアするとラベルが表示されています。

スマホ対応ラベル

 

これまでGoogleは、この「スマホ対応」は検索への影響はないものとしていましたが、今回の発表で検索順位を決める要因となることが決定されました。

※日本では2015年4月21日からの導入となります。

スマホでの検索において、ランキングに大きな変動が予想されます。

ランキング要因については、現時点ではまだ明確な基準は発表されていませんが、Googleは「大きな影響を与える」と明言している通り、上記の「スマホ対応」というラベルが付かないサイトに関しては、ランキングが降下すると見て良いでしょう。

 

検索エンジンは日々進化していますが、今回の発表はSEOの歴史に刻まれるほどの衝撃があります。

現在、スマートフォンからのインターネット利用は増え続けており、PCからの利用を超えるのは時間の問題です。
インターネットへの入り口はスマホへ移行 ~ニールセン スマホシフトを見える化したレポートを公開~
「ニールセン株式会社のインターネット基礎情報」より

 

増加しているモバイルユーザーの検索体験の向上のためにも、今回のアルゴリズム(検索の仕組み)のアップデート(更新)は、ある程度予想されていましたが、「モバイルフレンドリー」の基準に対応できていないwebサイトはまだまだ多いというのが現状です。

 

あなたのサイトは大丈夫?自社サイトの対応度を簡単にチェックしましょう! 

Googleはモバイルフレンドリーチェックツールを用意しています。自社サイトのURLを入れてチェックしておきましょう!

 

モバイルフレンドリーテスト

 

特にスマホからの検索でサイト訪問が多い場合は、早急な対応が必要です。Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールで確認しましょう。

 

まとめ

・  4月21日より、スマホ対応ができていないと判断されるWebサイトのランキングへの悪影響が予想されます。

・  Googleのモバイルフレンドリーチェックツールで確認し、基準を超えていない場合は対応を急ぎましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加