SEO知識

2022.07.19

SEOコンサルティングとは?サービス内容とSEO会社の選び方

facebook

twitter

line

こんにちは!ブルームプロモーションの本島です。

 

「自社サイトへの集客がうまくいかない」「社内にWEBの知識を持っている人がいない」とお悩みであれば、外部にコンサルティングを検討されることでしょう。

そんな時、検索からの集客増加で思い浮かぶのはSEO会社かと思いますが、SEO会社では実際にどのようなサービスを提供してくれるのでしょうか?

 

今回は、SEOコンサルティングとはどのようなサービスなのか、SEOコンサル会社の選び方とともに解説します。

一例として弊社ブルームプロモーションのSEOコンサルティングについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

ここに目次が入ります

SEOコンサルティングとは?何をしてくれるの?

「SEOコンサルティング」とは、SEO施策を行ってWEBサイトへの訪問数を増やし、お問い合わせや売上アップなどの成果達成に貢献するサービスのことです。
SEOコンサルティングの担当者を「SEOコンサルタント」といいます。

 

「SEO」とは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略で、分かりやすいイメージとしては「検索結果に表示される機会を増やすこと」です。

検索結果に多く表示されれば、自社サイトがユーザーの目に触れる機会が増えて、結果的にサイトへの訪問数が増加します。

 

ただし、検索結果を決めるのはGoogleなどの検索エンジンであり、どんなに優秀なSEOコンサルタントであっても「必ず1位がとれますよ!」と保証することはできません。

あくまでも「検索結果に表示される機会を増やす」というのが適切な表現です。

 

ふわっとした表現に感じるかもしれませんが、SEOコンサルタントは1つずつ段階を踏んで、着実に検索流入を増やしていきます。

SEOコンサルティングを依頼した場合、どのような流れになるのか一例を見てみましょう。

 

ヒアリング

最初に行われるヒアリングがSEO施策の要!

主に次の2点を確認します。

  • SEO施策を経て達成したい目標は何か
  • 現在抱えている課題は何か

目標と課題をすり合わせることも大切ですが、その目標(課題)はSEO施策によって達成(解決)できるのかを確認することも重要です。

 

例えば、WEBサイトへの訪問数を増やしたいならWEB広告を利用する方法もありますし、お問い合わせが来ないなら集客ではなくフォームに課題があるのかもしれません。

 

「何をしたいのか」「何に悩んでいるのか」をしっかりと確認することが、「どうしたら達成・解決できるのか」という提案につながります。

 

加えて貴社のクライアントについてもヒアリングしていきます。

  • 事業やサービスの内容
  • ターゲット層
  • 自社の強み
  • 競合サイト
  • 現在行っている施策
  • 予算 など

SEO施策を行う上で、企業やサービスに対する理解は必要不可欠です。

 

SEO診断

次はサイトにヒアリングをかけます。

SEO診断はサイトの現状を把握する作業で、人間でいうところの健康診断です。

 

ページタイトルの付け方、URLの作り方、アクセスできないページの有無、サイトマップの作成など、多数のチェック項目に対して現状を確認していきます。

 

弊社のSEO施策では「マイナスをゼロにするSEO」と「ゼロをプラスにするSEO」をご提案しています。

まずは「マイナスをゼロに」しないと、「ゼロをプラスに」する力が十分に発揮されません。

 

見た目がきれいに整っているサイトは多々ありますが、SEOの観点からチェックすると改善点が多く見つかるケースも珍しくありません。

マイナス要素を洗い出すSEO診断は重要なステップなのです。

 

SEO施策の立案・提案

ヒアリングとSEO診断をもとに、「マイナスをゼロにするSEO」と「ゼロをプラスにするSEO」の両面からSEO施策を考えます。

 

「マイナスをゼロにするSEO」として、SEO診断で洗い出したマイナス要素への改善策をリスト化します。

 

「ゼロをプラスにするSEO」としては、ターゲットキーワードを選定して、検索流入を増加させるために必要なことを分析・実行します。

ユーザーのニーズに合った情報を提供するために、新規ページの作成や既存ページの修正をすることが主な施策となるでしょう。

競合分析をして、自社サイトに足りていない点を補うことも該当しますね。

 

※参考:「検索順位を上げる方法とは?順位が決まる仕組みを理解して対策を!

 

また、目標達成のためにはSEOだけに捉われず、WEBマーケティング全体として何ができるかを考えることも大切です。

例えばリピーターを増やすことが目標であれば、SEO施策で集客したユーザーに対してWEB広告を配信することで、サイトへの再訪問を促すことができます。

 

自社でSNSアカウントを持っていれば、新たに作成したコンテンツをSNSでも発信することで、検索だけでなくSNSからの集客も見込めるでしょう。

メルマガやLINEの登録でリストを増やすことも有効な施策ですね。

 

SEOコンサルタントに委託する領域と自社で取り組む領域をどうするかも含めて検討し、施策を決めます。

 

施策の実行・モニタリング・新たな提案

内容が決まったらSEO施策を実行していきます。

マイナス要素の改善などは短期施策、新規ページの作成などは中長期施策となるでしょう。

 

ただし、短期施策についても「全て改修できたから完了!」というわけではありません。

サイトを運用していると、新しいページの作成や不要ページの削除といった更新を繰り返すことで、どうしても新たな改善点が発生するのです。

定期的にSEO診断を行って、マイナスがない健康な状態を保つことが必要です。

 

また、中長期施策を続けながら、検索順位や訪問数の動向をチェックすることも大切です。

Googleの検索アルゴリズム(順位を決めるルール)は日々アップデートされるため、検索順位は常に変動しています。

ずっと1位だったキーワードが3位になって、1ヶ月後にまた1位になるという動きも珍しくありません。

 

※参考「なぜ検索順位が下がるのか?下がった原因を確認して施策を考えよう

 

加えて、年に数回行われる大規模なアルゴリズムの変更(コアアルゴリズムアップデート)が生じた際には、検索全体として大きな順位変動が起こります。

Googleの動向を把握しながら、検索順位や訪問数の動きを監視していくことが大切です。

 

このようにモニタリングをしていると、実行したSEO施策の改善点が見えたり、新たな一手が見つかったりします。

新たな提案をして、施策を実行して、モニタリングして、また新たな提案をして…。

WEBサイトを運用している限り、PDCA(Plan Do Check Action)サイクルを回して課題解決を繰り返します。

SEOコンサルタントを依頼する会社の選び方

SEOコンサルティングに終わりはありません。

長くお付き合いできる会社を見つけられるよう、SEO会社の選び方もチェックしておきましょう。

 

SEO業者の選び方とは?Googleが公表するポイントと注意点」でも詳しく解説していますが、ここでは要点をまとめてご紹介します。

 

SEOコンサルティング会社を選ぶポイントは次の4つです。

  • SEOに関する高度な知識・スキルがあるか
  • 自身の会社や事業内容に関心を持っているか
  • 豊富な実績があるか
  • 円滑なコミュニケーションがとれるか

それぞれ解説していきます。

 

SEOに関する高度な知識・スキルがあるか

効果的なSEO施策としてさまざまな情報が飛び交っていますが、「Googleが公表していること」「公表はしていないものの信憑性が高いこと」「仮説として考えられること」「昔はOKだったが今はNGなこと」など情報の実態もさまざまです。

さらに情報は年々移り変わるので、最新の情報を把握することも必須。

 

SEOコンサルタントには、情報を正しく理解して、正しく実行する知識とスキルが必要です。

 

自身の会社や事業内容に関心を持っているか

Google検索セントラル「SEO業者の選択」のアドバイスでは、「あなたの会社とビジネスに関心を持っているSEO業者であれば、以下のような質問をするはずです」と例示しています。

  • お客様のビジネスやサービスを特別で価値のあるものにしているのはどのような点ですか?
  • 対象顧客はどういった方々ですか?
  • お客様のビジネスはどのような方法で収益を上げていますか、また、検索結果をどのように活用していますか?
  • 他にどのような広告チャネルを使用していますか?
  • 競合相手はどこですか?

SEO施策の要は最初のヒアリングであり、施策を行う上で企業やサービスに対する理解は必要不可欠です。

上記のような質問が自然と出てくるかどうかも、1つの判断材料になるでしょう。

 

豊富な実績があるか

過去の作業のサンプルと成功事例をいくつか紹介してもらえると良いですね。
この会社にお願いするとどのようなことをしてくれるのか、具体的にイメージしやすくなるでしょう。

成功事例は安心材料にもなります。

 

また、自社のサービスや目的に近しい事例も紹介してもらえると良いでしょう。

同業種の成功事例が自社にも当てはまるとは限りませんが、参考にできる点は多いので、ある程度の確証を持って施策を行うことができます。

 

円滑なコミュニケーションがとれるか

日々のスムーズなやりとりはもちろん、疑問や不安に対して円滑なコミュニケーションがとれることも大切です。

「サイトはどのような状況か」「サイトにどのような変更を加えたのか」「どうして変更が必要なのか」「変更することで何が期待できるのか」といったことも適宜共有してもらえると安心ですね。

 

説明が分かりやすくて納得感があるかどうかも、SEOコンサルタントに対して注目すべき点です。

ブルームプロモーションのSEOコンサルティングについて

私たちブルームプロモーションのSEOサービスは「検索順位に依存しない集客力をつける」ことを軸にしています。

ご依頼いただく特定の検索キーワード語句での訪問数はさほど多くないことが多いので、そのページで獲得できる複数のキーワードでの集客を目指すからです。

 

もちろん上位表示も目指します。

しかし、検索順位は日々変動する不安定なものであり、順位の上下によって一喜一憂していては翻弄されてしまうばかりです。

 

弊社が提供するSEOは、特定のキーワードでの検索上位表示のみを目的としたものではなく、ユーザーと検索エンジン双方に評価されるサイトにすることを重要視しています。

そのため下記の6つの柱によるSEOサービスを提供しております。

ブルームプロモーションのSEOサービス
  • 「SEO内部対策」で検索エンジンからの集客力を底上げ
  • 「コンテンツSEO」で検索エンジンからの流入数を倍増させる
  • 「ローカルSEO」(Googleビジネスプロフィールの最適化)で検索での集客を強化
  • 「SEO保守・モニタリング」で検索エンジンからの安定した集客を実現
  • 「SEOレポート」で現状を把握すれば次の攻め手がわかる
  • 「SEO×WEB広告」の併用で幅広い集客戦略が可能に

詳しいサービス内容や流れについてはSEOサービスをご確認ください!

 

また、私たちは「SEOは、自社のことを一番理解されているお客様と一緒に取り組むもの」と考えております。

お客様は自社のプロフェッショナルとして、弊社はSEOのプロフェッショナルとして、双方の力を合わせて圧倒的な集客力のあるサイトに成長させていきます。

 

WEBサイトへの集客に関するお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください!

SEOコンサルティングの内容と選び方を知ってサイトの課題解決を!

「SEOコンサルティング」とは、SEO施策によってWEBサイトへの訪問数を増やし、お問い合わせや売上アップなどの成果達成に貢献するサービスのこと。

SEOコンサルタントを中心に、SEO施策の提案と実行を繰り返してサイトの課題解決を目指します。

 

WEBサイトを運用する限り、SEO施策は必要です。

長くお付き合いできる会社と出会えるように、SEO会社を選ぶポイントもチェックしてくださいね。

 

 

私たちブルームプロモーションもSEOサービスを提供しております。

SEOのプロフェッショナルとして、日々進化し続けるGoogleの検索エンジンを研究し、さまざまな情報を正しく判断・理解することにより、クライアントやそのユーザーの目的に合わせた理想となる検索体験を提供いたします。

 

WEBサイトへの集客に関する課題を一緒に解決いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

 

この記事を書いた人

SEOプランナー本島 優里

塾講師、ウェディングプランナーを経て、2017年 ブルームプロモーションに入社。コンテンツSEOの企画・設計、ライティングのセミナー講師も行う。

facebook

twitter

line